カゾクスキー

FXで自宅警備員を目指す!雑記ブログ

黒酵母β-グルカンの飲用の好転反応について(副作用ではない)

どうも~

カゾクスキーです!

 

f:id:tomatoma-miho:20180708082205j:plain

 

黒酵母β-グルカンを飲み始めて、もう2週間が過ぎましたが、好転反応が出てきています。

その様子を記録用に。

 

好転反応=治療の際、症状がいい方向へ転じるときに一時的に悪化することです。(決して副作用ではない)

 

 

 黒酵母β-グルカンを飲用し始めると、好転反応が見られるということは、身近な方々から聞いてはいたものの、自分の身に起きるとぎょっとしますね。

 

だって、いいもの飲んでるはずなのに、身体に不調が出るなんて、心も弱って、もう飲むのやめようかと不安になります。

 

そんなの時に、適切に励ましてくださる方がいるといいですね~。

私は、電話やらラインやらで助けてもらいました。

 

私の場合の症状

アトピーが腕・顏を中心に悪化し始める

 

顔が全体的に真っ赤になる

 

背中・お腹にもアトピーが出始める

 

飲用2週間目の朝、目が半分開く程度に腫れる(2日間続く)

 

身体のだるさが強くなる

 

こんな感じでした。

 

 

間違った自己対策

症状が悪化し始めたとき、これが好転反応だから、ステロイドに頼るのはやめよう!

と意地をはり、一切ステロイドを使用しませんでした。

どんどん赤みのひどくなる顔に、かゆみの増していく身体・・・。

 

でも、ステロイドを絶ちたかったし、黒酵母B-グルカンがすぐに悪いものを出してくれる!と思い、数日耐えていました。

 

でも、症状が悪化し、不安になり、私に黒酵母B-グルカンを紹介してくれた方に相談したところ、

良くなるための反応だけど、悪化しているのはどうにかしてあげないといけないから、ステロイドも併用したほうがいいよ。

ということでした。

あと、アトピーを治したくて飲用される方も、最初は併用されているようです。

なんて、意地っ張りな私・・・。

 

黒酵母β-グルカンの量も減らしたほうがいいとアドバイスをもらいました。

逆に量をめっちゃ増やしていた私(笑)

好転反応が強く出てしますから、しんどくなるそうです。

飲用の量を調整して、自分に合った量で飲むのが良いそうです。

 

今回、短期決戦に出てしまった私が悪かったですね。

そんなにすぐ、身体から悪いものが出切るはずもなく、長く併用していく必要があるんだと実感しました。

まぁ、ステロイドについては、もう27年間使用してて、アトピーの完治はしてくれないと証明されているので、黒酵母β-グルカンにもそれぐらいの期間を見るつもりで(本当はもっと早く効果がはっきり見えたいけど・・・)飲用していきます。

 

 

 

好転反応への正しい対応

私は、アトピーの好転反応が強かったので、その対策を

 

まず、ステロイドを適量塗る

(拒否しても自分がしんどいだけです。塗れば一時的には悪化を押さえてくれるので、なんやかんや言い訳せずに塗りましょう)

 

 

かゆいところを冷やす

(これは、通常の時でもかゆみがひどいときにもしますね。かゆみのあるところは熱を持つので、冷やすとかなり楽になります。)

 

黒酵母β-グルカンの飲用量を減らす

(私は、間違えて増やしてしまい、さらにつらくなったわけですが、好転反応がつよくでしまうとしんどいので、続けられるように、量を減らして飲用するというのが正解だそうです。徐々に悪いものを出していったほうが、自分がしんどくないですからね)

 

今日はそんな感じ!

ほいたらね~